夏といえばこれです🍑美味しい塩チベットソルト

こんにちは!

美味しい塩チベットソルト大好きの気まぐれ道子です^^

ブログを書きながらふと・・・

チベットソルトのチベットって何語だろ?と思いました。

チベットって、中国のほうよね……

中国語? チベット語とかあるのかしら?

なんて考えながら調べてみると💻・・・・カタカタカタ・・・

 

なんと!!!

 

「チベット語」でした!

 

ほーーー(・∀・) チベット語あったんだ~~←知らずにブログ書いてます(・_・;) すみません💦

 

では、美味しい塩はなんていうのかな?

 

美味しいは・・・「シンポドゥ」

 

塩は・・・「ツァ」

 

と、言うことは・・・「シンポドゥ ツァ」

 

だそうです~~~\(^o^)/

 

初めてのチベット語講座でした~~(笑)(笑)(笑)

 

小さな疑問が解決したところで・・・

 

 

今日はこちらをご紹介しようと思っておりました^^;

 

またまた雑な感じの写真ではありますが・・・

 

 

夏になると毎年 早朝の産直市で

桃🍑を買うのが何よりの楽しみなんです(≧▽≦)

贈答用のものではなく、自宅用を探しに行き

かなりお得に手に入れます!!←強気(笑)

必須アイテムとして勝手に桃の帽子と名付けているフルーツキャップ

ももの当たりを防ぐ断衝材のプチプチ

予備の箱!!

お手頃ももはキャップがないのと、ももはうちみするとすぐ変色するからです。

準備万端でのぞみます(o^―^o)

(この時期 子どもたちからは「桃ばばぁ」と呼ばれています💦)

 

地元ならではの品種がたくさんあるので、

今年はこの 「おかやま夢白桃」と「夏おとめ」🍑

おかやま夢白桃は甘みが強く、大玉の桃でとても食べ応えがあります。

夏おとめは今年初めて知り、産直市のかたに尋ねてみると

「固い桃が好きな人にはおススメ!」

だそうで、食べてみると心地いい歯ごたえがあり、

めちゃくちゃ甘くて美味しい!!←シンポドゥ~~~(^^♪

この桃がすっかり気に入ってしまいました!

まだまだ食べたことない品種があり、次々新品種も出ているので

来年からは新品種を求めていこうと決めました!

夏に岡山に来られるかたは是非ぜひ産直市に行ってみてください。

完熟の珍しい桃をお腹いっぱいたべられますよ🍑

チベットソルトの社長さんは桃を食べるとき、塩をふっているそうです!!

あま~い桃にチベットソルト、アクセントになっていいみたいです(^_-)

 

桃にもあう 美味しい塩チベットソルト

こちらからどうぞ(*^^*)

https://www.oisiisio.com

 

 

 

この投稿へのコメント

  1. なーこ said on 2019年8月26日 at 1:27 PM

    シンポドゥ ツァ!(笑)面白いですね(笑)
    桃はいつから、いつまでくらいに行ったらかえますか??

    • wpmaster said on 2019年8月29日 at 12:57 AM

      なーこさんコメントありがとうございまっす♡
      チベット語気に入っていただけましたでしょうか?(笑)
      気になる言葉があったらお調べしてご紹介しますよ~(・∀・)
      もものご紹介が遅くなってしまって、今年はもう最盛期は終わっていますが、
      年々ももの時期が早まっているようで、
      今回の夏おとめは7月19日にゲット🍑しました(⌒∇⌒)
      お盆前に値段が上がるので行かれるなら7月半ばから8月10日くらいまでの
      お天気が続いているときがねらいめ👀でしょうか^^
      雨が降ると味が薄くなるようです。
      今は黄金桃や恵白といった品種が出ています。

  2. ミズホ said on 2019年8月29日 at 9:39 PM

    桃にお塩‼️50年生きてきて、やったことない‼️新鮮‼️あのチベットソルトをフルーツでもいけるって、素晴らしい✨感動しました✨是非とも、やってみます🎵

    • wpmaster said on 2019年8月30日 at 12:51 AM

      ミズホさん コメントありがとうございます(≧▽≦)
      フルーツにお塩、試してみてくださいね^^
      良かった!!いや、これはちょっと、、、など
      よろしければ感想を教えてくださると喜びます♡
      (年齢バレてますけど...いいのでしょうか?(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL