チベットソルト株式会社

レシピ集

レシピ集
レシピ集
たっぷりりんごで腸活・チベッソルト入りアップルパイ
りんごが赤くなると医者が青くなるというように、りんごは消化・吸収を助けてくれる果物の代表格でもあります。
紹介者
asumeshilab.yukari
材料
【1ホール分】
りんご       3個(1個は細かく、2個はスライス)
甜菜糖       100g(細かく切ったもの・スライスと2回分に分ける。)
チベットソルト  小さじ1程度を2回に分ける。(1/2 と1/2に分ける)
冷凍パイシート   1つ(2枚入り)
卵黄        1個
無塩バター     20g
レモン汁      少々
作り方
(下準備)
冷凍パイシートは作る1時間ほど前から冷凍から冷蔵に戻しておく。

1. りんごの甘煮を作っていきます。りんごは2個分はスライス、1個分は細かく切る。
2. 切ったリンゴはスライス、細かくきったものそれぞれ別にして塩水にさらしておく。
3. 細かく切ったものは耐熱容器に入れ、無塩バター、甜菜糖1回分、チベットソルト小さじ1/2、レモン汁少々を入れて混ぜ、電子レンジで600W7分加熱する。
4. スライスしたものは平らな耐熱容器に入れ、甜菜糖1回分、チベットソルト小さじ1/2、レモン汁少々を入れ、こちらも電子レンジで600Wで約7分加熱する。
















5. オーブンに予熱を入れます。予熱230℃ 約10分ほど。
6. パイシートをめん棒などで伸ばします。耳たぶくらいの薄さが目安です。1枚は平らなまま、1枚はカットしていきます。
7. パイ生地用の容器にパイシートを破れないように広げ、その上に加熱済みの細かく切ったりんごの甘煮を入れて、カットしたパイ生地を編み込むように乗せていきます。

















8. 卵黄を溶き、パイ生地に塗っていきます。



























9. オーブンの予熱が終われば天板にクッキングシートを敷き、その上にパイを乗せて焼いていきます。
180℃で約10分、その後160℃で約5分。
(メーカーによって異なるので、焼きが足りない場合は時間を追加してください。)





















りんごに含まれるペクチンには腸の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きがあるため、腸内環境を整える働きがあるともいわれています。
また、このペクチンは水に溶けるとゼリー状になり、
便秘のときは便を柔らかくする働き、逆に下痢の時にはこのゼリー状が腸内で膜を張り腸壁を守ってくれると言われています。
りんごは日持ちがしますが、あまりにも経ちすぎるとやわらかくなってしまいます。
そんなときには加熱することで美味しく頂くことができます。
また皮ごと食べることができるのでフードロス、一石二鳥です。
チベットソルトを加えることでりんご本来の甘みが引き立つのも良いところです。
ぜひチベットソルトを使ったアップルパイを作って食べてみてくださいね。
ページトップへ